鍼楽、拝島、鍼灸院、
鉄欠乏性貧血、鍼灸、鍼楽 鉄欠乏性貧血

鉄欠乏性貧血の症状としては特に動悸や息切れなどの症状が強く、信号が変わりそうな時に短距離走るだけでもしばらく動けなくなる方もいます。
人によっては脳にも酸素が足りなくなって頭の回転が悪くなったり、イライラしやすくなるという症状もあります。貧血の90%以上がこの鉄欠乏性貧血です。
鉄欠乏性貧血は日常生活にも支障をきたすことも多いので、早めに改善していきたいところですよね。ところが病院で鉄剤を貰って飲んでいても、次の日真っ黒い便が出るだけで中々効果が出ない方も多いと思います。
当院の高麗手指鍼での治療を、週に2回1ヶ月半で約15回の治療で担当医も驚く結果が出ました。
鉄欠乏性貧血について詳しくはこちら

その結果がこちら

治療前(2017年2月14日検査)
0 鉄欠乏性貧血、鍼灸、鍼楽
治療後(2017年4月15日検査)
00 鉄欠乏性貧血、鍼灸、鍼楽

ご本人の感想がこちら

0 鉄欠乏性貧血、鍼灸あ、鍼楽0 鉄欠乏性貧血、鍼灸、鍼楽


不妊症と鉄欠乏性貧血の関係とは?

とある不妊治療専門の婦人科で妊活中の女性の貧血状態を調べたところ、およそ90%が鉄欠乏性貧血だったそうです。
女性の貧血の7割を占めるくらい頻度の高い症状です。

特に月経後は血液が45cc、鉄分が20mgも体内から失われてしまいます。
普段貧血気味でなくても、月経のときだけはフラフラするというときは、鉄欠乏性貧血である場合が多いのです。
鉄分が不足すると、血液の成分のひとつであるヘモグロビンが減少してしまいます。ヘモグロビンは血液の中で酸素を運ぶ大切な役割を担っています。
そのため、ヘモグロビンが不足すると全身に十分な酸素が供給されなくなって疲れやすくなったり、怠さや目眩などの状態が起こりやすくなるのです。
そして不妊治療で見落としがちな、妊娠のしやすさにも重大な関連性があります。鉄分不足で血液量が減ると臓器に充分な量の酸素や栄養が運ばれなくなり、子宮や卵巣などの生殖器の活動が低下してしまい、そのため排卵障害や着床障害が起こりやすくなってしまいます。

不妊治療専門病院での調査で約90%の女性が鉄欠乏性貧血だという調査結果が出ているのは、こういった原因があるからなんですね。
現在他院で不妊治療を受けている患者様で鉄欠乏性貧血の方も大勢いらっしゃるとは思いますが、内臓疾患にこれだけの結果が出せる高麗手指鍼の治療とどちらを選びますか。

Copyright (C) hariraku. All rights reserved.

  プロフィールページへ レコメンドページへ エッセイページへ リンクページへ プロフィールページへ レコメンドページへ

エッセイページへ リンクページへ ライブ情報へ 問い合わせページへ 鉄欠乏性貧血、鍼灸、鍼楽

鉄欠乏性貧血、鍼灸、鍼楽 鉄欠乏性貧血、鍼灸、鍼楽 鉄欠乏性貧血、鍼灸、鍼楽 鉄欠乏性貧血、鍼灸、鍼楽 鉄欠乏性貧血、鍼灸、鍼楽